最近のコメント

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 【犯罪的な行い】 泊原発3号機、営業運転再開へ=福島事故後で初−北海道知事が容認 | トップページ | 【民主党代表選】 かすみ始めた「脱原発」 »

2011年8月19日 (金)

山本太郎「職業は脱原発」国民運動訴え

山本太郎「職業は脱原発」国民運動訴え
山本太郎「職業は脱原発」国民運動訴え
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20110818-821771.html

 俳優山本太郎(36)が17日、東京・千代田区の衆議院議員会館で福島第1原発事故で避難している子どもたちが政府に現状を訴える集会に駆けつけた。山本は「メーンの仕事は脱原発。どこかに属さず、フレキシブルに動いてエネルギー交換したい」と、脱原発を国民運動にしたいと訴えた。また脱原発依存を訴えている菅直人首相(64)について「今、辞めないでくれと言いたい」とも話した。

 福島第1原発の事故で避難生活を強いられている福島の子どもたちが、「(放射能を)なぜ早く除染してくれなかったんですか?」「集団疎開は?」と必死に政府の原子力対策本部と文部科学省の担当者に問いかけた。担当者が回答にならないような返答を繰り返すのを見て、山本はあきれ、憤っていた。

 「残念の一言に尽きる。ここにいらっしゃる人(担当者)は決定権がない。除染をしたからって毎日フレッシュなもの(放射能)が届いてる。お金がかかるだけ。やってるフリはいらない。20、30年で日本が終わる政策をしている。勇気を出してみんなで戦っていきませんか」と力説した。

 集会を主催した「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」は(1)学校の校舎、校庭の利用基準として文科省が定めた放射線量年間20ミリシーベルト撤回(2)計画的避難区域外の自主避難している人への賠償の必要性(3)住民票を福島に残した上でコミュニティーが一時避難する「サテライト疎開」を訴えている。

 山本は「政治で変えられるなら、とっくに動いてる。国民1人1人が本気になって戦って、うねりにするしかない」と政治への失望と市民運動の重要性を強調した。そして「小さいときから自由。市民運動の中で、どこにも属することなくフレキシブルに動くことで、いろいろなことができる」とフリーで活動を続け、同じ方向性で活動するさまざまな団体と意見交換していく考えという。

 菅首相については「政治家の中で責任のある方は、脱原発を口にすることも許されなかった。それが口にした次の日に、『個人的な意見』とトーンダウンするくらい周りからプレッシャーがかかったのだろう」と一定の理解を示した。その上で「(首相が)誰かに代わったら、破滅的な方向に進むしかなくなる。誰も手を挙げたくないポジションだろうけど、周りが何と言おうと粘って人としてやれることをやってほしい」と訴えた。

 山本自身は「早く普通の生活に戻りたい」というのが本音だという。「子どもがほしいなぁ。でも子どもに残せる将来がない。大好きなのに、本当に悔しい。産んでくれる人もいないというのもあるけど」と自嘲気味に笑った。【村上幸将】

 [2011年8月18日8時51分 紙面から]

« 【犯罪的な行い】 泊原発3号機、営業運転再開へ=福島事故後で初−北海道知事が容認 | トップページ | 【民主党代表選】 かすみ始めた「脱原発」 »

福島原発関連」カテゴリの記事

コメント

小澤洋一 vicnet-ozawa@ezweb.ne.jp

『落葉拾い国民運動』…南相馬市原町区馬場、原発から北北西23kmに居住する記事の小澤洋一です。

〔拡散希望〕により、今回のプロジェクトについてのご支持をいただきありがとうございます。
Twitterでは、われわれに内容を確認することないデマが散見されます。汚染された現状の対策も考えず、犬の遠吠えを繰り返しているようです。「ひまわりの種まき隊」は4月から放射能対策に取り組んできたボランティア団体です。原発を推進する団体のごとく揶揄する方々にはあきれ果てるばかりです。

【「葉拾い国民運動 第1回」 ボランティア募集 】 3.11から9ヶ月目の12月11日、福島県南相馬市で行われます。広大な山林の除染はもちろんですが、市街地における庭の木々の落ち葉の解決に向けても、重要なプロジェクトです。これまでの活動記録でもおわかりになるように、福島県の各市町村への提言も積極的に行ってきましたが、行政自体も担当者の方々も『腰の骨は完全に砕けている』ようです。

現場は、厚生労働省検討会21日報告書で全員の線量計携帯を義務づける毎時2.5マイクロシーベルト未満で、居住する民家の裏側に位置し、作業は数時間です。ここでは8ヶ月間も農作業をされている方もおられるし、枯れ草の野焼きをしたり、ゲートボールをされたり、グランドゴルフも始まるとのことです。

われわれは、ひまわりや菜種や雑草の放射能吸収の実証試験・農作物の汚染・田畑の土壌汚染・一年草や植木類の焼却灰の汚染・地下水の汚染・沢水の汚染・ダム水や用水路の汚染・公共施設の土壌表面汚染など独自のデータを示して、力不足でもこれらのことに注意喚起情報を発信しております。

【 「落葉拾い国民運動 第1回」 ボランティア募集 】 3.11から9ヶ月目の12月11日、福島県南相馬市で行われます。広大な山林の除染はもちろんですが、庭の木々の落ち葉の解決に向けても、重要なプロジェクトです。山本太郎様には、ぜひご参加いただきたい。詳細は、「落葉拾い国民運動」で検索を。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116629/52510910

この記事へのトラックバック一覧です: 山本太郎「職業は脱原発」国民運動訴え:

« 【犯罪的な行い】 泊原発3号機、営業運転再開へ=福島事故後で初−北海道知事が容認 | トップページ | 【民主党代表選】 かすみ始めた「脱原発」 »