最近のコメント

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 【15日に街頭抗議が予定されているのは、欧州、北米、南米、アジア、アフリカの71か国、719都市に上る】 経済危機に「怒れる者たち」、15日に世界同時抗議へ | トップページ | プランクトンから高濃度セシウム! »

2011年10月15日 (土)

【市民デモ、東京に波及へ=「99%のための社会を」】 「東京を占拠せよ」:ウォール街発のデモ、日本では東電、経産省に行進  ウォール街占拠運動、世界に拡大−ロンドンに加え東京やシドニーも

市民デモ、東京に波及へ=「99%のための社会を」

 米ニューヨークのウォール街などで失業や経済格差の是正を求める抗議デモが続いていることを受け、東京都内でも15日、市民らによるデモが行われる。複数の場所で脱原発や貧困問題解消などを訴える計画で、インターネットを通じて参加者を募っていた。

 デモを計画している市民らのウェブサイトによると、スローガンは「99%の人のための社会を」。米国のデモで、大企業経営者や資産家ら「1%の富裕層」に対する批判が高まっていることに触発されたとみられ、ネット上には「この世の理不尽に怒る人大集合」「あなたも一緒に歩きませんか?」などの言葉が並ぶ。

 千代田区の日比谷公園から、同区の東京電力本店や経済産業省の前を行進するデモのほか、港区六本木で集会などが予定されている。(2011/10/15-05:52)

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011101500046


「東京を占拠せよ」:ウォール街発のデモ、日本では東電、経産省に行進

10月14日(ブルームバーグ):「自分の主張を書いたプラカードをご持参ください」−−。米ニューヨーク・ウォール街で平等や富裕層を対象とした増税などを求めているデモの余波は、約1万キロ離れた東京にまで広がる見通しだ。

 デモを主催する「オキュパイ・トキョウ(Occupy Tokyo)」はウェブサイト上で、一般の人々に15日正午に東京都千代田区の日比谷公園へ集合するよう呼びかけている。行進する先は原発事故を起こした東京電力の本社前、そして対応に追われる経済産業省の周辺を計画している。所要時間は1時間程度で、計画は警察署へも届け出ているという。

 主催者の1人で英語教師をしているD.J.ロルティー氏は、ブルームバーグ・ニュースとの電話インタビューで、当日正午の日比谷公園では20人から200人の参加者を見込めると語った。「東電に関しては明白で事故対応の不手際や準備不足などがあった」と言い、政府と同様に芳しくないと指摘した。

 「ウォール街を占拠せよ(Occupy Wall Street)」と呼び掛けた抗議デモは、開始から約1カ月の間にニューヨークからシアトルまで全米各都市に広がった。この動きには、世界的に有名な投資会社バークシャー・ハサウェイのウォーレン・バフェット会長兼最高経営責任者(CEO)の息子も擁護するなど、社会のあらゆる層に認識が広がっている。

 「オキュパイ」をスローガンの頭に付け広がる同デモは、東京以外にもロンドン、香港、シドニー、メルボーン、ソウルなど世界の主要都市でも行われる見通しだ。

http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920015&sid=aavC1qJVsipU


15日反格差で世界一斉行動 東京など「数百カ所」

 13日、米ボストンで、米大手通信会社の店舗へ向けデモ行進する抗議行動参加者ら(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】米ニューヨークのウォール街で始まった反格差社会デモは15日、世界一斉行動日として各国でイベントが実施される。参加者側のウェブサイトは「数百カ所で行動が起こされる」との見通しを示しており、日本でも東京都心で集会とデモが計画されている。

 関連ウェブサイトによると、米シカゴの運動の主催者は15日を「世界革命の日」と呼んでデモを計画し「平和的に集会を開き抵抗する権利を実行しよう」と呼び掛けた。ロサンゼルスでは「国際行動の日」と名付け「(規模が)大きくなければならない」と参加を求めた。

2011/10/14 17:08 【共同通信】

http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011101401000600.html


ウォール街占拠運動、世界に拡大−ロンドンに加え東京やシドニーも

  10月14日(ブルームバーグ):「ウォール街を占拠せよ」との呼び掛けで始まった抗議活動はニューヨークから全米に広がった。今度は海を越え、ロンドンに加え、東京やシドニーでもこうした運動が展開されることになった。

  主催者側はフェースブックなどのソーシャルメディアを活用してロンドンやオーストラリアの人々に15日の集会への参加を呼び掛けている。シドニーでの活動グループの代表、ジョシュ・リーズ氏は電話で「世界中で起こっていることに刺激を受けている人は多い。私の知る限りフェースブックでは1300人が参加すると言っている」と語った。

  「ウォール街を占拠せよ」を合言葉にしたデモ活動はニューヨークの金融街で9月に始まった。ニューヨークでは参加者がウォール街に近いズコッティ公園に居座り、平等や富裕層を対象とした増税などを要求している。英国ではロンドン証券取引所前で15日正午(日本時間午後8時)に始まるデモに約4000人が参加の意向を示したと、主催者のカイ・ワーガラ氏が述べている。

  豪州では「オキュパイ・シドニー(シドニーを占拠せよ)」や「オキュパイ・メルボルン」、「オキュパイ・ブリスベーン」の活動が計画されている。オキュパイ・メルボルンのウェブサイトは「われわれの民主主義は病んでいる」と訴えている。

  このほかニュージーランドのオークランドとクライストチャーチ、台湾の台北、韓国のソウル、香港、シンガポールでも活動が計画される。
東京では少なくとも3カ所で活動があるだろうと、日比谷公園での行動を組織している英語教師のDJ・ローティー氏が電話インタビューで語った。東京電力の本社ビルや経済産業省に向かう1時間のデモ行進を計画しているという。そのほかゴールドマン・サックスが入居するビルがある六本木での行動も計画されている。

http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920012&sid=aG_FMsJ0Cl3s
NY抗議行動 退去要請に抗議

10月15日 4時3分

アメリカ・ニューヨークの金融街にある公園で続いている抗議行動について、ニューヨーク市は、公園を清掃するとして参加者たちに退去するよう求めましたが、逆に1500人以上が公園に詰めかけて抗議の声を上げ、14人が拘束されました。

ニューヨークの金融の中心地ウォール街の近くにある公園では、経済格差の解消を訴える若者たちが1か月近く前から抗議行動を続けており、参加者の一部は寝袋を持ち込んで公園に寝泊まりしています。これについてニューヨーク市は、衛生状態に懸念があるとして14日の早朝から公園を清掃し、清掃後は寝袋の使用を禁止すると発表しましたが、逆に1500人以上が公園に詰めかけて「実質的な退去勧告だ」などと抗議の声を上げました。

この事態を受けて、ニューヨーク市は清掃を延期すると発表し、デモの参加者たちは抗議が成功したとして大きな歓声を上げました。しかし、興奮した一部の参加者が警察官を襲うなどして14人が拘束され、現場では混乱が広がりました。集まった参加者からは「みんなで抗議の声を上げれば政治は変わるという証明だ」とか、「清掃を阻止させたことで運動はさらに勢いづくと思う」といった声が聞かれました。

若者たちは、今月15日に全米各地で一斉に抗議行動を起こそうと呼びかけていますが、今回の清掃の阻止で抗議行動がさらに活発になるかどうか注目されています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111015/t10013279071000.html


不動産業者がデモ隊の公園占拠に抗議、NY市長は立ち退き要求

OCTOBER 15, 2011 02:59

15日、80ヵ国あまり、計900以上の都市で同時多発的に行われると予告されたデモの出発点となったウォール街のデモ隊が、1ヵ月近く拠点としてきたニューヨーク・マンハッタンのズコッティ公園から追い出される危機に置かれている。ニューヨーク市は清掃のため、一時の立ち退きを要請したと明らかにしたが、デモが次第に拡大することを懸念した市当局が、遠まわしに反撃に乗り出したのではないかという指摘も出ている。

マイケル・ブルームバーグ・ニューヨーク市長は12日、デモ隊を訪ね、公演清掃のため、しばらく空けてほしいと、デモ隊員らに要請した。数日前までは、法を遵守すればデモ隊員らが、ズコッティ公園に居座り続けてもかまわないと明らかにしたブルームバーグ市長は同日、「公園の持ち主である不動産会社、『ブルックフィルドオフィスプロパーティ(BOP)』が、デモ隊が公演を非衛生的にしてしまったと、ニューヨーク市に抗議してきたため、やむを得なかった」と明らかにした。

先月17日から、ここを占領している、「ウォール街を占領せよ(Occupy Wall Street)」デモ隊員らは、マットレスや寝袋を持ち込んで、徹夜での立てこもりを行い、様々な生ごみで、ズコッティ公園は、ゴミ捨て場を髣髴させた。公園の持ち主であるBOPが作った公園規定には、キャンピングや寝泊り、荷物の溜め込みなどが禁止されている。警察も、ホームレスだけでも食い止めてほしいというBOP側の要請に知らん振りをしてきた。

BOP側は14日午前9時から、デモ隊を追い出した後、大々的な清掃作業を行う予定だ。従って、15日、世界的な同時多発デモの際、ウォール街デモ隊は拠点を離れ、他の場所を探さなければならない。

米紙、ウォールストリートジャーナルは、清掃作業の終了後、会社側はキャンピング禁止規定を徹底的に実施する方針であり、今後、デモ隊は公園を使用できなくなるかもしれないと報じた。デモ隊は、「我々は、清掃チームを運営してきた」とし、「『非衛生的なこと』を理由に、公園を空けてほしいという要求は受け入れられない」と強く反発している。実際の立ち退き過程で、物理的な衝突まで予想されている。


http://japan.donga.com/srv/service.php3?bicode=060000&biid=2011101586088


ウォール街、水に流す? 清掃したい市、デモ隊と対立

ニューヨーク・ウォール街近くの公園で14日、清掃のために退去を求めた市に対抗し、地面に付いた塗料をこすり落とすデモ参加者=ロイター

 経済格差に怒った若者たちが1カ月近く占拠しているニューヨーク・ウォール街そばの公園で、清掃しようとする市当局とデモ参加者が対立している。市は14日朝にデモ参加者を強制排除して大量放水する計画だったが、「追い出す口実」との反発が高まり、予定時間の直前に延期を決めた。

 デモ参加者は清掃係を選び、ゴミ処理に努めてはいるものの、前月17日から続く占拠でさすがに一帯の汚れが目立ってきた。何日も入浴しない参加者の体臭や食べ残しの発する悪臭もひどい。住民や通勤者から苦情が相次ぎ、「デモは大事だが、いくら何でも不潔すぎる」と公園の土地所有者が市に助けを求めた。

 「デモの自由は尊重する」と確約してきたブルームバーグ市長は「清掃さえ終われば占拠に戻ってよい」と説得したが、デモ参加者たちは「清掃を口実にして我々を追い払う気だ」と猛反発。夜を徹して自力でゴミを拾い、よごれを洗い落とす作業を展開した。(ニューヨーク=山中季広)

http://www.asahi.com/international/update/1015/TKY201110140757.html


焦点:格差是正求める反ウォール街デモ、背後に富豪ソロス氏の影

2011年 10月 14日 18:25 JST

 [ニューヨーク 13日 ロイター] 米国でニューヨークから各地に広がっている「反ウォール街デモ」は、平均的な国民が生活に苦しむ一方、富裕層がますます裕福になっているとの抗議がメインテーマだ。しかし、デモ参加者らは間接的に、世界有数の富豪からの恩恵を受けているかもしれない。

 過去4週間にわたって続く反ウォール街デモを、背後で資金的に援助しているのは一体誰か。さまざまな憶測が流れる中、常に名前が取りざたされるのは、米フォーブス誌の「2011年版米長者番付」で初めてトップ10入りを果たした著名投資家ジョージ・ソロス氏だ。

 ソロス氏とデモ主催者は、双方ともに関係を否定する。しかしロイターは、反ウォール街デモを仕掛けたカナダの反資本主義団体「アドバスターズ」とソロス氏の間に、間接的な資金的結びつきがあるのを発見した。さらに、ソロス氏とデモ隊の間には、イデオロギー的な立場でいくつかの共通点もある。

 ソロス氏は先週、反ウォール街デモについて記者団に「彼らの感情は理解できる」と述べていた。「ウォール街を占拠せよ(Occupy Wall Street)」と銘打った抗議運動はシカゴやボストンなどにも飛び火しており、15日には世界主要都市で一斉にデモを行うことも呼び掛けられている。

 ソロス氏自身は反ウォール街デモに関する踏み込んだ発言を避けているが、保守派ラジオホストのラッシュ・リンボウ氏は先週、番組内で「(デモの)背後にはジョージ・ソロスの資金がある」と語っていた。

 ソロス氏は現在81歳。フォーブス誌の米長者番付400人では、資産総額220億ドル(約1兆7000億円)で7位に入っている。個人資産は生前に半分、残りを死後に寄付するという。

 デモ参加者らと同様、ソロス氏は2008年の米政府による金融機関救済と、その後の不良資産救済プログラム(TARP)への多額の資金投入には賛成していない。

 反ウォール街デモでは、平均的な国民が高い失業率に苦しめられている一方、税金投入で命拾いした金融機関が巨額の利益を享受していると不満の声が強い。また、1%の富裕層が米国の富を独占しているとして、格差是正も叫ばれている。

 <銀行の生命維持装置>

 ソロス氏は2009年に執筆した論説で、金融機関の不良資産を購入するのは「納税者の多大な負担で銀行に生命維持装置を与える」ことになると指摘。オバマ政権に対しては金融機関の国有化など大胆な措置を求めていたが、そうした提言は無視された。

 2008年の米大統領選では、ソロス氏は早くからオバマ大統領を支持。オバマ大統領は来年11月の次期大統領選で再選を目指す。

 ソロス氏が会長を務めるオープン・ソサエティ財団が公開した2007─09年の報告書によると、同財団はサンフランシスコを拠点とする非営利団体(NPO)「タイズ・センター」に350万ドルを援助。同センターは、ほかのNPOのための決済機関的な役割を果たしており、フォード財団やゲイツ財団とも協力している。報告書によれば、そのタイズ・センターからは、2001─2010年にアドバスターズに総額18万5000ドルが支払われている。タイズ・センターからのコメントは得られていない。

 ソロス氏の側近は、そうしたつながりの一切は根拠に乏しいとしており、ソロス氏はアドバスターズのことを聞いたこともないと説明。ソロス氏自身はコメントを差し控えている。

  バンクーバーを拠点に活動するアドバスターズは、「企業が力を行使する方法を変え」、「既存の権力構造を打倒する」ことが目標だとしている。アドバスターズ誌はパロディー広告で有名で、発行部数は約12万部。共同創業者のカル・ラスン氏(69)は、チュニジアやエジプト、リビアで政権崩壊につながった中東・北アフリカの民主化運動「アラブの春」を目の当たりにし、反ウォール街デモを思いついたとしている。

 「アドバスターズでのブレインストーミング中にアイデアが出てきた。チュニジアやエジプトで起きたことに感銘を受け、米国でも機が熟したと感じた」と語るラスン氏。「米国でも本物の怒りが積み上がっていると感じた。その怒りを表現するための火付け役になろうと考えた」という。

 アドバスターズは運営費の95%を購読料に頼っており、ソロス氏については「彼の考え方の多くは非常に良い。少し寄付して欲しいが、一銭もくれたことがない」と語る。

 反ウォール街デモを支援しているのはほかに、募金サイトの「キックスターター」が7万5000ドル以上を集めたほか、社会派ドキュメンタリー作品で知られる映画監督のマイケル・ムーア氏も寄付を表明している。

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-23634520111014
〈Occupy Wall Street〉ウォール街デモに参加したミュージシャンたち(カニエ・ウェスト、ルーペ・フィアスコ、タリブ・クウェリほか)

Kanye WestLupe FiascoTalib Kwelidoops!

2011/10/14 18:59

Text: 佐藤一道

もっと写真を見る

米国で広がる深刻な経済格差や失業問題を背景に、ニューヨークのウォール街にて「ウォール街を占拠せよ(Occupy Wall Street)」を合言葉に先月から行われているデモが長期化し、徐々に規模が拡大しているということはここ日本でもニュースとして伝わってきていますが、このデモに様々なミュージシャンたちも参加している模様です。


まず、今月10日には、デモの拠点となっているウォール街にあるズコッティ・パークに、あのカニエ・ウェストがデフ・ジャムの設立者ラッセル・シモンズと共に顔を見せました。早速その様子をご覧ください。


Kanye Occupies Wall Street


動画内ではラッセルがデモへの思いを熱く語っているのに対し、カニエ自身は何も話さずにうなずくのみ。この行動に対し、Twitterなどでは批判の声もあがったそうです。一方、カニエの『Late Registration』にゲスト参加した経験のあるシカゴ出身のコンシャスなラッパー、ルーペ・フィアスコは〈OccupyWall Street〉デモが始まった際に参加し、さらにインタヴューを受けています。こちらは自分の意見を10分以上に渡って熱く語っております。ひょっとすると、このルーぺの行動がカニエを動かしたのかもしれません。では、彼がデモに参加する模様と、インタビュー動画をご覧ください。


Lupe Fiasco Attends Occupy Wall Street NYC


Occupy Wall Street Interview: Rapper Lupe Fiasco on Building 7.


またルーペは〈Occupy Wall Street〉デモが始まる3日前の9/14に、“Moneyman”と題した詩を自らのサイトにアップしていました。「ヘイ、金融業者よ。群衆は外にいるんだぜ(Hey Moneyman the crowd is outside)」という出だしから始まる、このウォール街の金融機関や経営者ら富裕層たちに向けられた詩は、デモの場において実際に読み上げられました。ではその時の模様をご覧下さい。


Occupy Wall Street Reads Lupe Fiasco's "MoneyMan"


さらに、ニューヨーク出身のラッパー、タリブ・クウェリ(モス・デフとのユニット、ブラック・スターの復活作の発表もアナウンスされたばかり)は今月6日にデモ集会に参加し、アカペラによるフリースタイルで「We Have To Grow」というメッセージを群衆に呼びかけています。


Talib Kweli at Occupy Wall Street


また、ニュートラル・ミルク・ホテルのジェフ・マグナムもデモ集会の場で弾き語りによるパフォーマンスを今月4日におこなっています。


Jeff Mangum Perform at Occupy Wall Street Protest

Watch live streaming video from globalrevolution at livestream.com

そして、ルーペ自身は今月11日に行われた〈BET Hip Hop Awards〉のパフォーマンスにて、胸にTwitterのハッシュタグ〈#OCCUPY〉と書かれたTシャツを着て、最新作『Lazers』収録の“Words I Never Said”をエリカ・バドゥと共に熱く披露しました。果たして、この〈#Occupy movement〉が今後どのようにアメリカという国に対して影響を与えていくのかはまだわかりませんが、こうしたルーペたちの行動に触発され、何らかの新しい動きがまた生まれてくるのかもしれません。では最後に、そのルーペのパフォーマンスの模様をご覧ください。


BET Hip Hop Awards Performance [Video]

http://oops-music.com/news.php?nid=69853

« 【15日に街頭抗議が予定されているのは、欧州、北米、南米、アジア、アフリカの71か国、719都市に上る】 経済危機に「怒れる者たち」、15日に世界同時抗議へ | トップページ | プランクトンから高濃度セシウム! »

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【15日に街頭抗議が予定されているのは、欧州、北米、南米、アジア、アフリカの71か国、719都市に上る】 経済危機に「怒れる者たち」、15日に世界同時抗議へ | トップページ | プランクトンから高濃度セシウム! »