最近のコメント

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月の記事

2014年1月30日 (木)

NHK経営委:籾井会長に厳重注意… 毎日新聞

それはそうでしょうね!

NHKの最高意思決定機関である経営委員会(12人)が28日開かれ、籾井勝人
(もみいかつと)会長が従軍慰安婦問題をめぐり「どこの国にもあった」などと発言
したことについて、浜田健一郎委員長は「公共放送のトップとしての立場を軽んじる
ものといわざるをえない」と厳重注意した。
http://sp.mainichi.jp/select/news/20140129k0000m040053000c.html

舛添要一氏の3政治団体がファミリー企業に家賃(3年で1516万円超)を実質税金で支払っていた(上脇博之) - BLOGOS(ブロゴス)

何、これ?
ひどくない?
舛添氏 政党支部  自宅に事務所費800万円  政党助成金を懐に
10~12年 ファミリー企業に支出


 東京都知事選に立候補を表明した舛添要一元厚生労働相の政党支部が、舛添氏の自宅に事務所を置き、 「家賃」名目で、2010年~12年の3年間で、ファミリー企業に約800万円を支出していたことが本紙の調べでわかりました。 原資は政党助成金で、国民の税金が舛添氏側に還流していたことになります。 

2014年1月29日 (水)

遂に細川護煕氏が東京の水にセシウムが含まれている事にも触れる!細川氏「東京の下水汚泥にもセシウムが含まれている。取り除かなければ」

これは一聴に値しますね。!


遂に細川氏が演説で東京の水にもセシウムが含まれていることに言及しました!
福島原発事故が発生した直後にはマスコミも「東京の水からセシウムを検出」と報道
していましたが、今では全く報道されておらず、これについて言及をした細川氏は大
変素晴らしいと言えるでしょう。
細川氏は外国人記者クラブでの記者会見で「東京の水道水にセシウムが含まれてい
る。汚泥からセシウムを取り除かないと」と発言。

東京の水にセシウムが含まれている事と一緒に、汚泥からのセシウム除去などについ
ても触れてくれました。
東京都下水道局が発表している最新の調査結果によると、未だに江戸川区などの汚泥
から2000ベクレルを超えるような高い値が検出されています。
政府は「基準値以下ならば」という条件付きですが、この汚泥をコンクリートなどに
再利用することを認めており、「セシウムが全国各地に拡散される可能性がある」と
様々な方達が指摘をしていました。

是非とも、汚泥の再利用などに関して、厳しい基準値などを細川氏が定めて頂ければ
と思います。
というか、セシウムがある程度検出された物は、核廃棄物として扱うようにするべき
です。
これを放置していた今までの都政は一体何をしていたのでしょうか?

【都知事選】細川氏の秘策は東京電力解体!細川氏「都民に高い電気代を払わせている元凶の東電は分割・解体すべきだ」

これはかなりイイね!


細川氏が都知事になった場合、東京電力を解体する方針であることが明らかになりま
した。
どうやら、細川氏の原発ゼロ構想というのは、低コストの地熱発電、火力発電をメイ
ンに風力、太陽光などを複数組み合わせたもので、それ平行して最大の抵抗勢力であ
る東京電力を解体するとのことです。
細川氏の選挙対策をしている方は、「原発ゼロでも電力コストを下げることができる
ことを、具体的な数字を交えて示す。
そのうえで都民に高い電気代を払わせている元凶の東電は分割・解体すべきだと掲げ
る」と話しています。

もちろん、東電を解体すると同時並行で、国内外問わず、優秀な技術者や最新型の発
電システムを導入する予定で、既に各国と交渉をしているようです。
スペインでは風力が原発を超え、この分野の技術力では海外に追い抜かれてしまって
いる訳で、細川氏の構想はとても現時的だといえるでしょう。

そもそも、東電は福島原発事故の対応も酷すぎて話になりませんし、それならば、ロ
シアやドイツ、アメリカのような優秀な国の技術者を借りた方が圧倒的に早いです。
ちなみに、舛添要一元厚労相は東電などの電力会社から支援を受けているため、細川
氏VS舛添氏の戦いは反東電VS東電の戦いとも言えるかもしれません。
*東電解体を掲げている候補者は細川氏1人。宇都宮氏もそこまで踏み込んでいませ
ん。

本日、せんきょCAMP!

今日、都知事選候補:細川護熙さん&家入一真さんがゲストで、東京でせんきょCAMPがあるようです。
行ける方はぜひ!


■1月29日(水) 19時~22時(予定)
「若者が想う東京、そして細川&家入両候補と語り合おう!」
会場:代官山THE ROOM 3 【予約不要、参加費無料、カンパ歓迎】

スペシャルゲスト:都知事選候補:細川護熙さん&家入一真さん
若者ゲスト:原田謙介さん(youth create代表)、
後藤寛勝さん(僕らの一歩が日本を変える )、中川健吾さん(ドットジェイピー関東支部代表)
モデレーター:横尾俊成(港区議)、北川義樹、鈴木菜央(greenz,jp)
ーーー
今の日本、そして東京の政治に向けて活動する若者グループから
ネット選挙解禁に一役買ったとも言われる、youth createのハラケンこと、
原田謙介くんを筆頭に、3人の若者を迎え、若者の政治理解の現状、
抱えている問題などを話しあい、さらに都知事選候補者お二人を迎えします!

詳細は【せんきょCAMP東京】ホームページ
http://senkyocamp-tokyo.tumblr.com/
【せんきょCAMP】については
http://senkyocamp.org/
・よりよい未来を思い描き,その実現が十分に可能であると信じて,楽しみながら取り組む。

2014年1月27日 (月)

「元祖脱原発」の山本太郎氏ついに“都知事選参戦” | 東スポWeb ? 東京スポーツ新聞社

以下、引用します。

 週明けから都内で都知事選の投票を呼び掛けるキャラバンを1人で展開していくと
いう。

 現時点では細川氏にも宇都宮氏にも肩入れせずに双方の陣営との接触も絶つとい
う。

不毛な脱原発勢同士の足の引っ張り合いに加担するつもりはさらさらない。

http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/227787/

時事ドットコム:与党、「脱原発」票の行方注視=投票率も気掛かり−都知事選

それはそうでしょうね!〜 東京都知事選(2月9日投開票)で、自民、公明両党が「脱原発」支持層の投票行動を注視している。 「原発ゼロ」の主張が重なる宇都宮健児、細川護熙両氏で獲得票が二分すれば、自公両党が支援する舛添要一氏に有利になる可能性が高いためだ。 http://www.jiji.com/jc/zc?k=201401%2F2014012600192&g=pol

日刊ゲンダイ|細川候補より目立つ小泉元首相 連日絶叫応援の“破壊力”

以下、引用します。〜 都庁前の第一声で細川元首相と並び、聴衆の前に現れた小泉純一郎元首相(72)。現役時代は、国民をケムに巻く“演説巧者”で鳴らしただけに、久々の応援演説が注目されたが、あの絶叫口調は健在だった。http://gendai.net/articles/view/news/147472

2014/01/19【岡山】小沢氏の知恵袋、都知事選の舞台裏を語る!



原発資本主義!

言い得て、妙ですね…。

2014119日、岡山市の岡山国際交流センターにて、「天晴れ岡山!新春講演会『日本の政治はこれからどうなるのか!?』」が行われた。

講師を務めた平野貞夫氏は、参議院議員時代に小沢一郎氏に重用され、現在も密接な関係にある。

平野氏は29日に投票日を控える東京都知事選の裏側などを中心に語り、現在の日本を「原発資本主義」と評した。

また、核廃棄物を無害化する技術なども紹介した。

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/120422       

脱原発2候補にエールを送るプロジェクトについて。都知事選を面白くするのは僕らです.

脱原発2候補にエールを送るプロジェクトを紹介します!
▼プロジェクトバナー
http://livedoor.blogimg.jp/senkyo_win/imgs/b/9/b95f3325.jpg

2候補とも、固定の脱原発票を取り合ったところで、
舛添には届かない。

ならば、少なくともお互い攻撃しあうことはやめ、
それぞれに候補に頑張っていただき、
新しい票を獲得してもらわなくてはいけないのですね。
そのために両陣営共にエールを送りましょう、ということです。

小さく傷つけあう時間は無駄なのです。

日刊ゲンダイ|都知事選 田母神も困惑した石原慎太郎のおぞましい演説

以下、引用します。
横目で…/(C)日刊ゲンダイ
「マイクの調子が悪いなあ。壊れているのは韓国製だからじゃねえか」
 のっけから、この調子だった。発言の主は日本維新の会・石原慎太郎共同代表(81)だ。 都知事選初日に田母神俊雄候補(65)の応援演説に駆けつけ、差別発言のオンパレード。 昼下がりの新橋SL広場で、通りがかったサラリーマンたちをドン引きさせていた。

 石原は「“シナ”の植民地になりたくない。チベットみたいな国になりたくない」と聴衆に同意を求めると、「出てきている候補を見ると、変なヤツが多いねえ」と他候補批判を開始。 まず口汚く罵(ののし)ったのは細川・小泉の脱原発コンビだ。

「ワケの分からない殿様が出てきて原発を明日から止めろって。これに火をつけた暇を持て余した小泉センセイ、これも単細胞」


 原発を止めれば産業がダメになる、とひとしきり持論を展開すると、再び「この時期になって小泉とか細川というキチ×イが出てきて」と、とても活字にできない言葉を発するのだ。

2014年1月22日 (水)

細川氏の公約判明 原発ゼロ・五輪のスリム化 : 日本経済新聞

以下、引用します。〜 東京都知事選に立候補する細川護熙元首相(76)が公約で「原発ゼロ」のほか、2020年東京五輪のスリム化、日本橋の上の首都高速道路の撤去などを打ち出すことが21日、関係者の話で分かった。
 関係者によると、原発については有識者会議「東京エネルギー戦略会議(仮)」で再生可能エネルギー比率の引き上げなどの具体策を検討し、原発ゼロに向けた行程表を作成するとしている。 

そこまでやるか安倍自民の細川潰し メディア懐柔し身辺調査:「日刊ゲンダイ」チャンネル: 日刊ゲンダイチャンネル(日刊ゲンダイ) - ニコニコチャンネル:社会・言論

以下、引用します。
 東京都知事選の告示日(23日)が迫る中、政府・自民党がいよいよ本気で細川護煕元首相(76)“潰し”に動き始めた。 これまでは細川の「年齢」「佐川急便献金問題」「短命首相」の3本柱でネガティブキャンペーンを仕掛けてきたが、ここにきて細川の身辺調査に本腰を入れる一方、官邸が「官房機密費」を使ったマスコミ対策にも乗り出したというのだ。 永田町関係者がこう言う。…。
 

2014年1月20日 (月)

無党派市民の判断|菅直人オフィシャルブログ「今日の一言」 |Ameba (アメーバ)

連合は役に立たないね!〜かつて水俣病など工場公害が多発したころ、関係する労働組合は工場公害反対運動に取り組めず、それに代わって広範な無党派の市民運動が起きた。原発を巡る状況もそれによく似ている。脱原発を求める組織されない無党派市民が都知事選でどこまで力を出せるかが問われている。 http://s.ameblo.jp/n-kan-blog/entry-11753232072.html

2014年1月 8日 (水)

天皇誕生日に関するNHK報道に関連して



以下、転載します。

 

NHKはいったいどうしたんでしょう?

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 




 

2014年1月7日記
 聊か、旧聞の事かと思われますが、漸く時間が出来たので、以下に送信します。  
        NHKは天皇誕生日の記者会見で最も重要な部分を削除している。  
12月23日 5時7分(newsweb)「天皇陛下
80歳の誕生日」の報道を見てください。放送時間の制約があることは理解するし、編集権がNHKにあることも承知はしているが。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131223/k10014040061000.html
**************************
(以下 NHK報道)
「天皇陛下は23日、80歳、傘寿の誕生日を迎えられました。
 天皇陛下は、誕生日を前に、皇居・宮殿で記者会見に臨まれました。
この中で天皇陛下は、80年を振り返って最も印象に残っているのは、
日本人のおよそ310万人が犠牲になったと言われる先の戦争のことだと述べ、
「前途にさまざまな夢を持って生きていた多くの人々が、若くして命を失ったことを思
うと、本当に痛ましいかぎりです」と話されました。
そして、「戦争で荒廃した国土を立て直し、かつ、改善していくために当時のわが国の
人々の払った努力に対し、深い感謝の気持ちを抱いています」と述べられました。

また、「戦後60年を超す歳月を経、今日、日本には東日本大震災のような大きな災害に対しても、人と人の絆を大切にし、冷静に事に対処し、復興に向かって尽力する人々が育っていることを、本当に心強く思っています」と話されました。

そのうえで天皇陛下は、「傘寿を迎える私が、これまでに日本を支え、今も各地でさまざまに、わが国の向上、発展に尽くしている人々に日々感謝の気持ちを持って過ごせることを幸せなことと思っています」と語られました。

また、これからの人生の歩みについては、「年齢による制約を受け入れつつ、できるか
ぎり役割を果たしていきたい」と述べられました。

さらに、「天皇という立場にあることは、孤独とも思えるものですが、私は結婚により、私が大切にしたいと思うものを共に大切に思ってくれる伴侶を得ました」と話し、「皇后が常に私の立場を尊重しつつ寄り添ってくれたことに安らぎを覚え、これまで天皇の役割を果たそうと努力できたことを幸せだったと思っています」と語られました。
一方、オリンピックの招致活動などを巡って論議が見られた皇室の活動と政治との関わ
りについて、天皇陛下は、「日本国憲法には『天皇は、国政に関する権能を有しない』と規定されています。
この条項を遵守(じゅんしゅ)することを念頭において、私は天皇としての活動を律しています」と述べられました。  そのうえで、「問題によっては、国政に関与するのかどうか、判断の難しい場合もあり
ます。そのような場合はできるかぎり客観的に、また法律的に、考えられる立場にある宮内庁長官や参与の意見を聴くことにしています」と話されました。

皇居では23日に一般参賀が行われ、天皇陛下は皇族方と共に、午前中3回、宮殿のベ
ランダに立ち、お祝いを受けられます。

***********************
これと私が重要だと思う部分を比較してみてください。
下記でわかるように、
「日本は、平和と民主主義を、守るべき大切なものとして、日本国憲法を作り、様々な
改革を行って、今日の日本を築きました。」
と天皇陛下が最も述べたかったであろう所を見事に削除しています。
つまり「平和と民主主義を、守るべき大切なものとして、日本国憲法を作り」は安倍政
権の目指すものと異なっているからに違いありません。

NHKは安倍政権に阿り(=媚びり)天皇陛下が最も伝えたかった部分を削除するまでひどくなっている。  

 

*****************************

天皇陛下の記者会見全文(朝日コムより)
12月23日 5時7分

天皇陛下は23日、80歳、傘寿の誕生日を迎えられました。
誕生日を前に皇居・宮殿で行われた記者会見の全文は次のとおりです。

(宮内記者会代表質問)
(問1)
陛下は傘寿を迎えられ、平成の時代になって、まもなく四半世紀が刻まれます。
昭和の時代から平成の今までを顧みると、戦争とその後の復興、多くの災害や厳しい経済情勢などがあり、陛下ご自身の2度の大きな手術もありました。
80年の道のりを振り返って、特に印象に残っている出来事や、傘寿を迎えられたご感想、そしてこれからの人生をどのように歩もうとされているのかお聞かせください。
(天皇陛下)
80年の道のりを振り返って、特に印象に残っている出来事という質問ですが、やはり最も印象に残っているのは先の戦争のことです。
私が学齢に達したときには中国との戦争が始まっており、その翌年の12月8日から、中国のほかに新たに米国、英国、オランダとの戦争が始まりました。
終戦を迎えたのは小学校の最後の年でした。
この戦争による日本人の犠牲者は約310万人と言われています。
前途にさまざまな夢を持って生きていた多くの人々が、若くして命を失ったことを思うと、本当に痛ましいかぎりです。
戦後、連合国軍の占領下にあった日本は、平和と民主主義を、守るべき大切なものとして、日本国憲法を作り、さまざまな改革を行って、今日の日本を築きました。
戦争で荒廃した国土を立て直し、かつ、改善していくために当時のわが国の人々の払った努力に対し、深い感謝の気持ちを抱いています。
また、当時の知日派の米国人の協力も忘れてはならないことと思います。
戦後60年を超す歳月を経、今日、日本には東日本大震災のような大きな災害に対しても、人と人との絆を大切にし、冷静に事に対処し、復興に向かって尽力する人々が育っていることを、本当に心強く思っています。
傘寿を迎える私が、これまでに日本を支え、今も各地でさまざまに、わが国の向上、発展に尽くしている人々に日々、感謝の気持ちを持って過ごせることを幸せなことと思っています。
すでに80年の人生を歩み、これからの歩みという問いにやや戸惑っていますが、年齢による制約を受け入れつつ、できるかぎり役割を果たしていきたいと思っています。
80年にわたる私の人生には、昭和天皇をはじめとし、多くの人々とのつながりや出会いがあり、直接、間接に、さまざまな教えを受けました。
宮内庁、皇宮警察という組織の世話にもなり、大勢の誠意ある人々がこれまで支えてくれたことに感謝しています。
天皇という立場にあることは、孤独とも思えるものですが、私は結婚により、私が大切にしたいと思うものを共に大切に思ってくれる伴侶を得ました。
皇后が常に私の立場を尊重しつつ寄り添ってくれたことに安らぎを覚え、これまで天皇の役割を果たそうと努力できたことを幸せだったと思っています。
これからも日々、国民の幸せを祈りつつ、努めていきたいと思います。
(問2)
両陛下が長年続けられてきた「こどもの日」と「敬老の日」にちなむ施設訪問について、来年を最後に若い世代に譲られると宮内庁から発表がありました。
こうした公務の引き継ぎは、天皇陛下と皇太子さまや秋篠宮さまとの定期的な話し合いも踏まえて検討されていることと思います。
現在のご体調と、こうした公務の引き継ぎについてどのようにお考えかお聞かせください。
(天皇陛下)
「こどもの日」と「敬老の日」にちなんで、平成4年から毎年、子どもや老人の施設を訪問してきましたが、再来年からこの施設訪問を若い世代に譲ることにしました。
始めた当時は2人とも50代でしたが、再来年になると、皇后も私も80代になります。
子どもとはあまりに年齢差ができてしまいましたし、老人とはほぼ同年配になります。
再来年になると皇太子は50代半ばになり、私どもがこの施設訪問を始めた年代に近くなります。
したがって再来年からは若い世代に譲ることが望ましいと考えたわけです。
この引き継ぎは体調とは関係ありません。
負担の軽減に関する引き継ぎについては、昨年の記者会見でお話ししたように、今のところ、しばらくはこのままでいきたいと思っています。
(問3)
ことしは五輪招致活動を巡る動きなど皇室の活動と政治との関わりについての論議が多く見られましたが、陛下は皇室の立場と活動についてどのようにお考えかお聞かせください。
(天皇陛下)
日本国憲法には「天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない。」と規定されています。
この条項を遵守(じゅんしゅ)することを念頭において、私は天皇としての活動を律しています。
しかし、質問にあった五輪招致活動のように、主旨がはっきりうたってあればともかく、問題によっては、国政に関与するのかどうか、判断の難しい場合もあります。
そのような場合はできるかぎり客観的に、また法律的に、考えられる立場にある宮内庁長官や参与の意見を聴くことにしています。
今度の場合、参与も宮内庁長官はじめ関係者も、この問題が国政に関与するかどうか一生懸命考えてくれました。
今後とも憲法を遵守する立場に立って、事に当たっていくつもりです。
(関連質問)
質問させていただきます。
先日、陛下は皇后さまとインドを訪問され、日印の友好親善をさらに深められました。
53年ぶりとなったインド公式訪問の御感想をお聞かせ願うとともに、国際友好親善に際して陛下が心掛けていらっしゃることについても併せてお聞かせください。
(天皇陛下)
このたびのインドの訪問は、インドとの国交60周年という節目の年にあたっておりましてインドを訪問したわけです。
インドを初めて訪問しましたのは当時のプラサド大統領が日本を国賓として訪問されたことに対する答訪として、昭和天皇の名代として訪問したわけです。
当時は、まだ国事行為の臨時代行に関する法律のない時代でしたから、私が天皇の名代として行くことになったわけです。
当時のことを思い起こしますと、まだインドが独立してまもない頃、プラサド大統領は初代の大統領でしたし、これからの国造りに励んでいるところだったと思います。
ラダクリシュナン副大統領は後に大統領になられました。
それからネルー首相と、世界的に思想家としても知られた人たちでしたし、その時のインドの訪問は振り返っても意義あるものだったと思います。
そして、私にはそれまでヨーロッパと中国の歴史などは割合に本を読んだりしていましたが、その間に横たわる地域の歴史というものは本も少なく、あまり知られないことが多かったわけです。
この訪問によって両地域の中間に当たる国々の歴史を知る機会に恵まれたと思います。
今度のインドの訪問は、前の訪問の経験がありますので、ある程度、インドに対しては知識を持っていましたが、一方で、日本への関心など非常に関心や交流が深くなっているということを感じました。
ネルー大学での日本語のディスカッションなど日本語だけで非常に立派なディスカッションだったように思います。
また、公園で会ったインドの少年が、地域の環境問題を一生懸命に考えている姿も心に残るものでした。
そういう面で、これからインドとの交流、また、インドそのものの発展というものに大きな期待が持たれるのではないかという感じを受けた旅でした。


******************************



河北新報 東北のニュース/福島第1 地下水トリチウムが再び上昇 37万ベクレルに




 

原因が分からないのが一番の問題

福島第1原発の地上タンクから放射能汚染水が漏れた問題で、東京電力は6日、タンク近くの観測用井戸の地下水から放射性トリチウムが1リットル当たり37万ベクレル(法定基準6万ベクレル)の濃度で検出されたと発表した。
 採取日は4日。同じ井戸水の過去最高値は昨年10月17日の79万ベクレルでその後、下降傾向を見せていたが、12月29日に33万ベクレルに再び急上昇し、以後、7日間連続で30万ベクレル以上の高い値で推移している。
 東電はタンクの約25メートル北側に穴を掘り、1日1トンずつ地下水をくみ上げて汚染拡大防止を図っていた。東電は「濃度急上昇の理由は分からない」と話した。

2014年1月 7日 (火)

原発引っ越し ブログ-TOP | 「原発引っ越し」のブログ|「原発引っ越し」



確かに苦労が身にしみて分かります。

僕らは「放射能不安症」と呼ばれて、マスクをしていると気にしすぎだよと苦笑いされる。

産地を確かめ、安心できる料理を用意しようとすると、「風評被害で困るんだよ」と罵られる。

http://genpatsu-hikkoshi.info/index.php?p&d=blog&c&type=article&art_id=76

東京新聞:東電、海外に210億円蓄財 公的支援1兆円 裏で税逃れ:経済(TOKYO Web)



なに、これ?

 東京電力が海外の発電事業に投資して得た利益を、免税制度のあるオランダに蓄積し、日本で納税していないままとなっていることが本紙の調べでわかった。

投資利益の累積は少なくとも二億ドル(約二百十億円)。東電は、福島第一原発の事故後の経営危機で国から一兆円の支援を受け、実質国有化されながら、震災後も事実上の課税回避を続けていたことになる。(桐山純平)

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014010190070819.html

【岡山】津波の前から始まっていたメルトダウン 〜講師 元東電・原子炉技術者 木村俊雄氏 | IWJ Independent Web Journal



やっぱり地震で原子炉は損傷していたんだよね。
こんな地震国に原発をつくること自体が間違っていると思います。


http://iwj.co.jp/wj/open/archives/115436

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »