最近のコメント

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 【3.11】復興政策や福祉政策からこぼれ落ちる被災地のシングルマザーたち 悪化する「貧困」と「孤独」 | トップページ | FW: 除染という妄想に憑りつかれる人々。利権擁護で確信犯的な妄想や被害者意識から除染を肯定する妄想の存在。-gooブログ »

2014年4月 2日 (水)

“つぶれても かまへんのか”/京都府知事暴言 料理・飲食業者怒り

ひどいね!
京都府知事。
 「京都の飲食店がつぶれても、かまへんのか」―京都府知事選(6日投票)を目前にした31日、京都府内の料理・飲食業138店舗が賛同して、現知事の暴言に抗議するアピールを発表しました。記者会見には、祇園と木屋町のマスター、女将(おかみ)らが出席しました。 問題の発言は、知事候補の尾崎望、山田啓二両氏の公開討論(3月15日)の場で飛び出しました。 国や府の長年の悪政の結果、京都では事業所の廃業率が被災地を除いて全国ワースト1になっています。この事実を示した尾崎氏の指摘にあわてた山田氏が「(廃業が極端に多いのは)バー、クラブ、キャバレー、ビアホール、飲食店関係」と強弁。この発言に尾崎氏が「バーやクラブなら廃業していいのか。飲食業は京都を支えてきたすばらしい文化で、中小企業の一角だ」とさらに批判すると、山田氏は「違う、違う」と慌てふためきました。 会見では、祇園のスナック「MASTERS」のマスター、石井計善さん(59)が「38年やってきたが、こんな発言は聞いたことがない。ひどい」と怒りました。わずか20日間で138人の賛同者が集まったことに、怒りの大きさが分かると指摘。同店がある東山区でこの間、事業所(5人以下)が1000軒以上廃業したことを挙げ「清水焼などの伝統産業もたくさんつぶれている。大手の出店を野放しにしたからではないか」と語りました。http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-04-01/2014040115_01_1.html

« 【3.11】復興政策や福祉政策からこぼれ落ちる被災地のシングルマザーたち 悪化する「貧困」と「孤独」 | トップページ | FW: 除染という妄想に憑りつかれる人々。利権擁護で確信犯的な妄想や被害者意識から除染を肯定する妄想の存在。-gooブログ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116629/59396908

この記事へのトラックバック一覧です: “つぶれても かまへんのか”/京都府知事暴言 料理・飲食業者怒り:

« 【3.11】復興政策や福祉政策からこぼれ落ちる被災地のシングルマザーたち 悪化する「貧困」と「孤独」 | トップページ | FW: 除染という妄想に憑りつかれる人々。利権擁護で確信犯的な妄想や被害者意識から除染を肯定する妄想の存在。-gooブログ »